タイ野菜の種類

時期によって育てていない種類もございます。

パパイヤ

英語:Papaya

タイ語:มะละกอ

 

パパイヤは熱帯アメリカや東南アジアなどを原産としています。未熟の青パパイヤや葉には、たんぱく質分解酵素、脂肪分解酵素、糖質分解酵素が含まれており、解毒野菜の王様とも言われています。

 

おすすめパパイヤ料理

●ソムタム(パパイヤサラダ)

●ゲーンソム(サワーカレー)

●パパイヤと卵炒め

 

マクアポ

英語:Small eggplant 

タイ語:มะเขือเปราะ

 

なすの一種ですが、丸い形で表皮は緑色、中は白色ですこし甘みがあり、生でも皮ごと食べられます。生のマクアポをナムプリック(タイのディップソース)につけたり、和え物にしたり、炒め物、カレーなどの汁物の具材としてなど、いろんな料理に使われます。

 

おすすめ白なす料理

●グリーンカレー

●白なすオイスターソース炒め

●東北風スープマクアポ

ガパオ

英語:Holy basil

タイ語:กะเพรา

 

ホーリーバジルはタイでは「ガパオ」と呼ばれているハーブの一種で、それを使ったガパオライスは日本でもよく知られるようになりました。さらにガパオに含まれるエーテルという成分には、強い抗菌効果があり、黄色ブドウ球菌や大腸菌を防ぐ効果があるようです。

 

おすすめガパオ料理

●ガパオライス

●トートマン(タイ風さつま揚げ)

●トムヤムプラートゥー(アジのトムヤムスープ)


カナー

英語:Collard green

タイ語:คะน้า

 

別の名前で中国ケールとも呼ばれます。暑さに強く年中出回ってて、葉だけでなく茎の部分も皮を剥いて柔らかい部分を使います。栄養豊富なので、日常的に食べていただきたい野菜です。特にカルシウムの含有量が際だって多く、βカロテンとビタミンCも他の野菜に比べて多く含まれています。

 

おすすめカナー料理

●タイ風チャーハン

●タイ風あんかけ

●カナーナムマンホイ(カナーのオイスターソース炒め)

ウコン

英語:Turmeric

タイ語:ขมิ้น

 

ウコンとは、クルクミンと呼ばれている黄色い色素を主成分とし、ミネラルや食物繊維を豊富に含んでいる根茎です。肝臓の機能を強化し、胆汁の分泌を促します。また食欲を増進させる効果や血流改善の効果なども持ち合わせています。

ウコンはカレーで使用されるスパイス「ターメリック」としても知られています。

 

おすすめウコン料理

●イエローカレー

●プーパットポンガリー

●ムーサテ(タイ風豚の串焼き)

バナナの葉

英語:Banana leaf

タイ語:ใบตอง

 

古くからバナナの葉は、料理はもちろん、包装や皿として活用されてきました。タイをはじめ、インドやアフリカ、東南アジアなど、用いられている地域もさまざまであります。加熱すると、甘い香りが立ちのぼるので、魚や肉に包んで焼くのもあります。

 

おすすめバナナの葉料理

●ホーモック(魚のすり身とレッドカレーペーストの蒸す料理)

●カオトムマット(バナナやココナッツミルクなどで甘く味付けしたもち米に包み蒸すお菓子)


トカドヘチマ

英語:Square zucchini

タイ語:บวบเหลี่ยม

 

外見がオクラのような縦の角ができるヘチマと言うことで、「ヘチオク」という別名もあります。サプリメントにもなっているほどアルコールを分解させる酵素が含まれているので、二日酔い、悪酔いの防止になります。水分が多く利尿効果が高いのもポイントです。

 

おすすめトカドヘチマ料理

●タイカントリースタイルスープ

●ヘチマとエビペーストの炒め物

●ヘチマと卵炒め

マカームテート

英語:Manila tamarind

タイ語:มะขามเทศ

 

白色の果肉にくるまれて黒色の種子が入っていて、1個の実の中には5~7個程度の種子が入っています。東南アジアでは果物としてそのままで食べます。味は普通のタマリンドみたいに、甘かったり酸っぱかったりはなく、ほんのりとした甘さであります。

 

おすすめマカームテート料理

●ゲーンクア

●ヤムマカームテート(和え物)

長インゲンマメ

英語:Yard long beans

タイ語:ถั่วฝักยาว

 

日本のインゲンより長く、タイ料理にはよく使われています。ガパオに入れたり、ソムタムと食べたりします。生のままでも食べられます。

 

おすすめ長インゲンマメ料理

●ソムタム

●豚肉とインゲンのレッドカレー炒め

●インゲン天ぷら


トマト

英語:Seeda tomato 

タイ語:มะเขือเทศสีดา

 

日本のトマトより小さめで色が濃いピンクです。タイでもトマトはサラダなどによく使われていて,タイの代表料理,ソムタム(パパイヤサラダ)にも欠かせません。

 

おすすめトマト料理

●ヤムウンセン

●ナムプリックオーン

●ナムギョウカレー(北部素麺カレー)

紫トウモロコシ

英語:Purple waxy corn

タイ語:ข้าวโพดสีนิล

 

紫トウモロコシの色素は、天然色素として日本でも食品に使われています。食感はとてももちもちで、オススメの食べ方は、紫トウモロコシの炊き込みご飯です。ジュースにも飲みやすいです。トウモロコシの旨味と特異なもちもち食感がクセになります。この紫色のトウモロコシがスーパーフードと呼ばれています。

ポリフェノールが多いとされるワインよりも多いため美容にも良いです。さらに血栓を防ぐ効果があるそうです。

赤白トウモロコシ

英語:Waxy corn

タイ語:ข้าวโพดสองสี

 

一般の柔らかく甘いトウモロコシと違い、アミロースをほとんど含まず、アミロペクチンと呼ばれるもち質デンプンを多く含むため、モチのような粘りを持つのが特徴となっています。食べ方は肉質はやわらかくもちもちとした食感がありますので、煮てそのまま食べても美味しいです。または焼いてバター醬油で味付けしても美味しいです。効果効能は普通のトウモロコシより食物繊維が多く、腸内環境を整えキレイにし便秘解消にも効果的です。 さらには、抗酸化作用で有名なビタミンE、コレステロールを下げる効果のあるリノール酸も多く含まれています。

 


レモングラス

英語:Lemon grass

タイ語:ตะไคร้

 

ショウガの持つスパイシーな香りと、レモンの持つ爽やかな香りが特徴のハーブです。タイの代表的スープ「トムヤムクン」の風味付けや、カレーのスパイスなどに。料理の香り付けはもちろん、お菓子やお茶にも使われています。またレモングラスの持つ芳香成分には、虫除けもポピュラーなハーブです。

 

おすすめレモングラス料理

●トムヤムクン

●トムカーガイ

●ヤムタクライ(エビとレモングラスの和え物)

パクチー

英語:Coriander

タイ語:ผักชี

 

 タイ料理には欠かせませんが、くせがあり好みが分かれる香りです。本場タイでは、トムヤムクンやサラダに生のままのパクチーが使われています。さらにパクチーの香り成分に含まれる「ゲラニオール」は、女性ホルモンの一種「エストロゲン」の分泌を助ける作用があるともいわれています。

 

おすすめパクチー料理

●タイ風生春巻き

●タイチャーハン

●タイ風ラーメン

パクチーラオ

英語:Dill

タイ語:ผักชีลาว

 

見た目はパクチーと違いますが、味はパクチーよりも濃くパンチが効いています。タイ料理では、パクチーラオはスープやサラダに利用されます。元々はイサーン地域の食文化としてタイに定着しました。そしてハーブとしての高い効能も注目されており、ストレス緩和などの鎮静作用、利尿作用、腹痛緩和、ガス溜まりの解消などが知られています。

 

おすすめパクチーラオ料理

●ゲーンオム(東北風カントリースタイルカレー)

●レバーとパクチーラオの炒め物

●パクチーラオのオムレツ


タイキュウリ

英語:Thai cucumber

タイ語:แตงกวาไทย

 

日本のキュウリほど長くなくて、皮は黄緑色です。ズッキーニのような食感のキュウリといった感じでそのまま食べても美味しいです。パパイヤの代わりにソムタムにしても美味しいです。きゅうりのほとんどが水分で、一見栄養がないように思われますが、ミネラルやビタミンを含む優れた食材です。特にカリウムが多く、余分なナトリウムを体外に排出する効果があります。

シャプー

英語:Wild betel leaf bush

タイ語:ชะพลู

 

葉を香りつけにゲーンクア(タイカレーの一種)に入れると最高に旨いと妻は言いますが、生の葉をソムタムと食べると美味しいです。

 

おすすめシャプー料理

●赤貝入りイエローカレー

●ミャンカム(色んなハーブ包んで食べます)

●ホーモック(魚のすり身とレッドカレーペースト蒸し)

ジンダートウガラシ

英語:Chinda chili

タイ語:พริกจินดา

 

タイの激辛唐辛子。トムヤムクンやカレーのペーストとなど、タイレストランで多く使用されている唐辛子です。唐辛子に入ってるカプサイシンという成分で胃腸をも刺激し、消化液の分泌を促すことになり消化を進めます。

 

おすすめチンダートウガラシ料理

●レッドカレー

●ガパオライス

●ソムタム


ホムデン

英語:Shallot

タイ語:หอมแดง

 

ねぎとシャロットの雑種。日本では「あかわけぎ」と言われます。赤い皮をしていますが日本の赤玉ねぎとは別物です。特有の香りと風味を持ち、カロチン、ビタミンCを多く含んでいます。爽やかな香りと軽い辛みをもっています。

薄くスライスにしてサラダやトムヤムクンに入れて使います。

 

おすすめホムデン料理

●トムヤムクン

●ラーブ

●タイ風茶碗蒸し

落花生

英語:Peanut

タイ語:ถั่วลิสง

 

タイ語で「トゥア・リソン」と呼ばれます。落花生は脂質を多量に含むことから、国際的には大豆、ヒマワリに次ぐ重要な油料作物となっていますが、タイではおつまみや料理などに使います。

 

おすすめ落花生料理

●パッタイ

●トムヤムラーメン

●マッサマンカレー

●ムーサテのタレ

タイメロン

英語:Muskmelon

タイ語:แตงไทย

 

日本のメロンのように丸い形でなく楕円形の形をしています。実の色が緑色から、オレンジ色へ変わったら食べごろのサインです。見た目も香りもメロンそのものですが、味があまり甘くないです。

そのまま食べてもいいですが、日本のメロンのように甘さや香りが控えめなのでココナッツミルクをかけて食べるのがタイ流です。タイメロンに含まれるカリウムの量は果物の中でも特に多く、高血圧や動脈硬化などの予防効果が期待できます。