放置されている農地を再生化利用

環境事業

今を取り巻く現状として日本国内は、後期高齢化社会となり農業就業者が弱化している時代。

 

そのまま放置されている農地を大きく言うと「荒廃農地」「遊休農地」と言います。

 

 



そのような農地を、グループ会社「株式会社 黒木ナチュラルファーム」と一丸となり、放置され取り残された農地を再生し、タイ野菜を栽培しています。

育てた野菜は、小売業部門で販売、経営している飲食店での食材としてフル活用しています。

 

また、グループ会社の「株式会社MOGU MOGUカンパニー」では、

タイ野菜を余すことなく加工品の製造をしております。

 

これからも、地域活性化と共に、荒れ果ている農地の再生に努めています。

 

 

また、農地再生後は、新たに「太陽光発電所」を

 

自社で設置・管理し、海外からの技能実習生に技術を伝える活動に取り組んでいます。